ワイズメンズクラブ国際協会西日本区 THE INTERNATIONAL ASSOCIATION OF Y'S MEN'S CLUBS Japan West Region

西日本区理事

西日本区理事 遠藤 通寛(大阪泉北)

2017-18年度
西日本区理事 遠藤 通寛(大阪泉北)

主題「未来に残すべきものを守り育てる」

Let’s Proted and Cultivate What Should Be Passed on to the Future

副題「めぐり逢う一筋の光」

Seek your Encounter with a Ray of Light

理事方針


 ワイズメンズクラブという素晴らしい奉仕団体を守り育てるためにはどのようにしたら良いのでしょう。世界のワイズメンがもどかしく考えておられるのではないでしょうか。
国際では、全体での行動としてUGPを展開しています。第1期HIV/AIDS関連事業、第2期はロールバックマラリアです。西日本区でも共通の活動を通じて、多くの方々に認識していただかなければならないのではないでしょうか。
西日本区発信のワイズといえばこれだというものを見つけねばと考えます。
YMCAサービス・ユース事業主任と地域奉仕・環境事業主任には各クラブの活動のご報告を頂き、その活動内容が内外の皆様に良く解るようにお知らせするとともに各クラブに共通する取り組みをお調べしていただきます。
奉仕クラブの活動がよく知られることもEMCに繋がることでしょう。交流はお互いに支え合う励ましのスタミナドリンク!ワイズメンズクラブを素晴らしい大人の居場所にしましょう。

各事業別の方針・目標

【YMCAサービス・ユース事業】

  • YMCAサービス・ユース事業の理解を進めるとともに各クラブの活動を把握し、情報発信を積極的に行う
  • 若者(ユース)のYMCA、ワイズメンズクラブヘの理解を深め、将来にわたる関わりを持つための仕組みを作り、取組みを推進する。積極的に協働できることをしましょう
  • YMCAが展開する新ブランドコンセプト、理解と活動に繋げましょう。
  • 各部におけるYYYフォーラムの開催。
  • ユースコンボケーションにYMCA、ワイズメンズクラブを理解しようとする多くのユースを送り出す。

【地域奉仕・環境事業】

  • 各クラブで実践する地域奉仕・環境事業活動を調査し、西日本区内の奉仕活動が理解され易くするとともに、西日本区版UGPに繋がるような事業をYMCAサービス・ユース事業主任と共に見つけ出していただきたい。
  • 国際協会のロールバックマラリア事業の再継続を受け、再度皆様に理解と支援をアピールする。多くの命が救われています。私たちはそのお手伝いが出来ていることに感謝し、できるだけ多くの献金をしましょう。
  • 多くの激甚災害が発生し、また残念ながら発生することでしょう。これからも力を合わせて支援をしましょう。
  • CS資金・FF献金・TOF資金についての理解を深めていただく。

【EMC事業】

  • 毎年、各部に於いて「EMCシンポジウムや各種研修会」を開催してまいりましたが会員の増強は実現していません。考え方を大きく変えなければならないのでしょう。EとMC事業の区分もありますが、同じことの繰り返しは成長にはつながりません。
  • ワイズ100周年に向け計画的な会員増強を図る。

【国際・交流事業】

  • DBC・IBC締結の推進
  • 国内(東西卜国外の交流推進 BF制度は国際役員、BF代表の資金、献金の目的理解と献金推進
  • YEEP・STEP制度を通じて若者の成長支援
  • EFの国際基金への理解と推進

【メネット事業】

  • 子供の貧困と居場所づくり活動の継続
  • 大野理事期に於ける、中道京子メネット事業主任を中心とした子供の貧困について学び支援をする活動は、現代の社会が抱える大きな問題を知ることができました。我々はメネツト事業を通じて地域奉仕事業、西日本区全体の
  • 活動として育て上げて行かなくてならないような、そのような事業だと予感いたします。しかしながら西日本区現況は事業主任不在です6この様な事業の報告は甚だ不本意ですが、不在ながらもこの事業の継続と発展をさせていきたい。

2018-2019年度 西日本区事業目標

YMCAサービス・ユース献金(国際ASF含む)1人あたり2,000円
RBM(ロールバックマラリア)献金1人あたり800円
地域奉仕活動(CS)献金1人あたり1,500円
YES(Y’s Extension Support)献金1人あたり500円
TOF(Time of Fast)献金1人あたり1,400円
災害支援金(東日本大震災・熊本地震復興支後金等) 合計200万円
FF金(Family Fast)献金1人あたり800円
E(Extension)新クラブ設立2クラブ
BF(Brotherhood Fund))献金現金十使用済切手交換分 1人あたり1,500円
MC(Membership&Consetvation)会員数増強 前期末+98名
EF献金(Endowment Fund) 記念ごと献金 1口120CHF 合計3,000CHF
情報発信区報年3回、理事通信年12回
JWF(Japan West Y’s Men’s Fund)献金
記念ごと献金
 1口 5,000円 合計50万円
LT(Leadership Training)次期役員研修会、次期会長主査研修会 各1回

歴代西日本区理事

↑このページのトップへ