ワイズメンズクラブ国際協会西日本区 THE INTERNATIONAL ASSOCIATION OF Y'S MEN'S CLUBS Japan West Region

ホーム > 西日本区理事

西日本区理事

主題「響き合い、ともに歩む」

“To walk together,echoing each other.”

こころ豊かにワイズ活動を展開し、ワイズスピリットをつないでゆく

西日本区理事 松本武彦(大阪西)

2014-15年度
西日本区理事 松本武彦(大阪西)

理事方針

「いま、私は私にできることをする」ーこれは、南アメリカ大陸の先住民に伝わる物語の中でハチドリが述べたとされている言葉です。人は、それぞれの持つ力を、無理することなく、しかし、諦めることなく、精一杯発揮する、私は、この考えのもとで、自分の働きを活かしたく思っています。ワイズメンひとり一人がそれぞれの持つ力を発揮してワイズ活動に励む、これにワイズの仲間が響き合い、ともに歩むとき、1人の力が2人の力、いや、4人の力、8人の力となって、ワイズ活動の力が大きく増し広がってゆきます。このような考えのもと、私は、以下の方針で、西日本区理事の職責を果たしてまいる所存です。

「事業制度変革の定着」
ワイズ活動の骨格を形成している事業制度のより良き活用を目指して、本年度から、YMCAサービス・ユース事業、地域奉仕・環境事業、EMC事業、国際・交流事業およびメネット事業の5事業制度になりました。これまでのファンド事業と交流事業とを吸収合体させた上に「国際」の名がかぶせられたことから、時代の流れを見詰めたとき、従来の両事業のどこまでをカバーしてゆくかということについて、実践しつつ固めていく年です。そして、その活動内容の継続性が求められることから、単年度制の事業組織から委員会組織に変革された広報事業は、ワイズ活動の
PRを強力に推し進めることを目指し、初心に帰って活動を展開する年になります。

「区内外の情報伝達を盛んに」
情報伝達を通じて他者のワイズ活動を知り、それを参考にして我がワイズ活動を充実した力強いものとすることができると考えます。
「区内ワイズメンの一体感を育てる」
上記の情報伝達を通じて西日本区内のワイズメンが一体感を持つようになり、「響き合い、ともに歩む」ことで、「こころ豊かにワイズ活動を展開し、ワイズスピリットを次の世代につないでいく」ことができるのです。

「クラブの応援団」
ワイズ活動の原点は区内各クラブが進める個々の活動であり、区と部は各クラブのこれらの活動を励ます応援団であります。部は、部内各クラブの活動を知り、これを部内に周知させるとともに、区を通じて区内における周知をも図り、区と部は、これらの情報伝達活動を通じて区内各クラブの活動に益するとともに各クラブの活動を側面から励
ます、応援団としての働きをします。

事業別方針

  1. YMCAサービス・ユース事業
    • YMCA活動へのより一層の理解と支援を通じて、YMCAとワイズの相互理解・信頼関係を深める。
    • ユース活動の支援を通じてユースとの交流を深め、ユースが将来、ワイズメンになる仕組みを構築する。
    • YY(Y)フォーラムの継続・充実。
  2. 地域奉仕・環境事業
    • 各クラブ・部で実施する地域奉仕事業や環境事業への取組みを把握して西日本区内に広報し、区内他クラブ・部の応援や協働が生まれるよう進める。
    • 東日本大震災の復興状況を見つつ、状況に合った支援のあり方を構築していく。
    • CS資金やFF資金の活用を図り、TOF資金の理解を求める。
  3. EMC事業
    • 各部におけるEMC推進の積極化。
    • 例会へのゲスト・ビジター多数参加の呼掛けや合同例会開催など、賑やかな例会の開催を絶えず意識し、EMC活動につなげる。
  4. 国際・交流事業
    • 国内・国外のクラブ交流の推進。
    • BF制度を通じての国際情報取得の活発化。
    • YEEP・STEPの積極活用による若者の成長支援。
    • ファンド事業への深い理解を得るよう努める。
  5. メネット事業
    • 例会へのメネットの参加による楽しくてこころ豊かな例会運営のお勧め。
    • メネットの視野に立つワイズ事業の展開。

2014-2015 年度 西日本区事業目標

  • YMCAサービス・ユース献金(国際ASFを含む)1人あたり2,000円
  • 地域奉仕活動(CS)献金1人あたり1,500円
  • TOF(TimeofFast)献金1人あたり1,400円
  • FF(FamilyFast)献金1人あたり800円
  • BF(BrotherhoodFund)献金1人あたり1,500円(現金+使用済み切手換金分)
  • EF(EndowmentFund)献金記念ごと献金合計3,000US$
  • JWF(JapanWestY'sMen'sFund)献金記念ごと献金1口5,000円合計40万円
  • RBM(ロールバックマラリア)献金1人あたり800円
  • YES(Y'sExtensionSupport)献金1人あたり200円
  • 東日本大震災復興支援献金合計200万円
  • E(Extension)新クラブ設立+2クラブ
  • MC(Membership&Conservation)会員数増強前期末+100名
  • 情報発信区報年3回、理事通信年12回他
  • LT(LeadershipTraining)次期役員研修会、次期会長主査研修会各1回

[注]「YES献金」とは、新クラブ設立を進めるクラブや会員を支援する等のためのワイズ拡張支援(Y'sExtensionSupport)基金にあてられるものであって(2012-2013ワイズメンズワールド第1号ご参照)、献金で集められた資金の2/3は、集められたエリアに戻され、当該エリア中の区で使われる。


歴代西日本区理事

  • 2016年度20代 岩本悟理事
  • 2015年度19代 遠藤通寛理事
  • 2014年度18代 松本武彦理事
  • 2013年度17代 高瀬稔彦理事
  • 2012年度16代 成瀬晃三理事
  • 2011年度15代 浅岡徹夫理事
  • 2010年度14代 仁科保雄理事
  • 2009年度13代 鈴木誠也理事
  • 2008年度12代 佐藤典子理事
  • 2007年度11代 神谷尚孝理事
  • 2006年度10代 森本榮三理事
  • 2005年度9代 佐野文彦理事
  • 2004年度8代 柴田善朗理事
  • 2003年度7代 大野嘉宏理事
  • 2002年度6代 臼井征郎理事
  • 2001年度5代 吉本貞一郎理事
  • 2000年度4代 吉本貞一郎理事
  • 1999年度3代 灰谷隅夫理事
  • 1998年度2代 伊藤圭介理事
  • 1997年度初代 佐々木宣夫理事

↑このページのトップへ